img_02

フィリピン英語留学激増の理由

フィリピンに英語留学する人は、2010年には約4000人だったのが、次の年には約1万人、更に次の年は2万人と、まさに「倍倍ゲーム」的に激増しているのをご存じでしょうか。
英語留学、というとアメリカやイギリス、オーストラリアあたりを連想する方が多いでしょう。

カナダ留学情報は初心者にも分かりやすいです。

ではなぜフィリピンが激増しているのでしょうか。


一つ目の理由は、やはり価格の安さです。多くの場合は授業料や生活費を入れても日本円で10万円程で間に合うという驚異的な価格です。フィリピンへの留学は3ヶ月から半年と比較的短期であるので、経済的な面で欧米・オーストラリアへの留学を断念した人でも可能になる場合が考えられます。しかしいくら安くても、肝心の学習効果が上がらなければ英語留学した意味がありません。

ところが、留学者急増二つ目の理由は、英語の学習効果もきちんと上がる、ということが業者の宣伝などでなく口コミで広まったからだと考えられます。
我々には「英語はネイティブスピーカーに習うのが一番」だという固定観念がないでしょうか。



フィリピンでは英語はフィリピン語(実質はタガログ語)と共に公用語なので、アメリカやイギリスから見ると準ネイティブスピーカー、といったところです。


しかし、純粋なネイティブスピーカーは、なぜ話せないか、どう教えれば話せるか、ということは専門に教授法を学んでいないと教えることは逆に困難です。

その点、ネイティブでない人の方が、自分も英語を学んだ過程を生かすことができ、結果的に日本人にとって分かりやすい教え方ができるのです。