img_02

フィリピンへの語学留学について

近年グローバルに展開する企業が増えており、英語を会議で使用するなど、重要視されてきています。

フィリピンはアメリカ、イギリスに次ぎ、英語を話す人口が世界第3位になっています。

アメリカ人やイギリス人は母国語が英語なので、多いのは当然ですが、フィリピンはタガログ語をはじめとするフィリピン語が母国語です。

英語の単語や文法を一から学んでいるので、日本人が感じる英語の勉強についての困難なところも、理解してもらえることが多いです。


語学留学先として人気がある要因の一つです。アメリカやオーストラリア、イギリス、ニュージーランドに比べて近いので、交通の便がよく、人件費が安いので語学留学の費用も少なくてすみます。


その結果、マンツーマンでの授業が多くなっていることが特徴です。
英語の上達は話した量に比例すると言われます。

グループ授業では個人あたりではすくなくなってしまいます。



短期間で集中して語学を身につけるのに1対1の授業は非常に効果的です。



韓国での英語力重視の社会ではフィリピンへの語学留学が日本より先行しています。



そのため、韓国資本の語学スクールが数百校も存在すると言われており、英語を学ぶ環境が整っているといえます。

フィリピンの治安は日本と比べればよくはないので、外出時には気を付ける必要があります。

語学留学先で人気のあるのは、セブ島にあります。

全個室は基本ですが、友達との2人部屋に変更するのも可能と、講師の質だけでなく、生活にも気をつかってくれます。

講師の指導力を大切にしている老舗ともいわれる学校もあります。
クラーク地方では、スイミングやゴルフの授業を取り入れて、リラックスさせることを考えている学校や、海外生活を重点においてる学校もあるので、自分にあった留学先をえらぶことができます。